まちを変える・政治を変える・私の決意

2007年4月14日 22時20分 | カテゴリー: 政治を変える

明日から市議会議員選挙、市長選挙が始まります。
32年暮らした地域での活動と市政へのチャレンジを決意し、まちの隅から隅まで、といっても過言ではない程に、自転車で駆け回り、現在の市の状況を自分の目と足で見てきました。
かなり宅地化が進んだといっても、雑木林、畑、果樹園、北山、八国山、空堀川、北川、前川など里山の自然と緑がそこここに残っていることにほっとします。
また、大勢の方々とお会いするチャンスに恵まれ、現状を見抜く力、まちを見る姿勢、そして人に対する温かさに心が動かされました。
誰もが自分らしく暮らせるまちへ、自治体を変える鍵は地域にあります。市民の叡知とエネルギーを市政につなぎ、閉塞感に満たされがちなまちの政治を変えるために、私自身が力をつくそう、と決意しました。

私たちおとなは、次の世代の人たちに負の遺産だけを残してはいけないのです。拡がる一方の格差や2極化、弱い人や不利益が放置されるまちでは、人は安息や幸せをみつけられません。競争や比較に明け暮れるのではなく、自分を認め、他者と共感しあえる出会いや生き方が溢れるまちに、東村山を再生したい、と思います。

市民の信任を得る議会も、討論のできる議会、行政をチェックする機能を高める議会、市民が参加できる議会・政治に道を拓きたいと思います。

政治は、生活を豊かにする道具です。ちょっぴり疲弊した政治を取り戻すために、市民の議席を獲得することから始めます。必ず!!
まちをあきらめない市民の力がまちを変えます、絶対に!!
有権者の誰にとっても一票の権利は公平です。さあ、一緒にまちを変える機会の到来です。(大塚恵美子)