赤ちゃん大集合!!わくわくチビッコカーニバル

2007年9月15日 03時38分 | カテゴリー: 子ども・教育

スポーツセンター体育館で開かれた、今年で2回目のカーニバル。広い会場のあちこちにオープンなブースが開かれ、赤ちゃんとママたちで一杯。お誘いを戴いて、すごく楽しみにしていた集い。ま、よるトシナミのせいかチビッコたちがいると、それだけで顔が緩みうるっとしてしまう・・・こんなはずではなかったが。
「ベビーマッサージ」、以前、子育て応援団スペースの「よるべ」で、拝見した時も「うわっ」と嬉しくなった。裸ん坊の赤ちゃんがママにあんよやおなかをオイルマッサージしてもらう、赤ちゃんがいい気持ちそうに口を開けて、小さなからだをさするママたちの顔がほころぶ。いいなあ、こんな子育てしてこなかったな、とっても雑に子育てしてきた私、反省・・・
「手作り石けんコーナー」は、安心安全な柔らかい石けんをこねこねして、自分の好きな形に整形してお持ち帰り。ちっちゃな子がちっちゃな手で、くちゃくちゃと白い石けんをこねて、ママと一緒に動物をつくったり、型ぬきしたり、マジメに取り組んでます。
紙芝居のコーナーや手遊び歌やおもちゃ一杯の「HUGこどもパートナーズ」のコーナーなどで、ママたちがくつろいでお喋りしたり、チビちゃんたちは、新しいおもちゃに興味津々だったり。そのいろんな姿を、ひとこま、ひとこまみているだけで嬉しい。
150組くらいの赤ちゃん・ママが参加している。毎日、お家で子育てしているママたちは、やはり「場所」を求めているのだ。同じママ同士、先輩のママ、赤ちゃん同士の触れ合い、新しい関係をつくりたいと思って出かけてくる。
「いらっしゃい」とこんなに子育てを応援する人たちがいる、という実感をまたずしんと持った。いつもの地域で活動しているサークル、NPO、ファミリーサポートや子育てサロンのボランタリースタッフ、ゆるやかなネットワークがこのまちに根付いている。
子育てはこの社会情勢の中、いろんな壁にぶつかり、困難に思う時もあるかもしれない。でも、親の思い通りには行かない生きていく力を赤ちゃんから発見させてもらい、絶対楽しい事の方が多いからね!
10月1日、野口町商店街に「子育てひろば」がオープンする。カーニバルを企画してきたNPO「HUGこどもパートナーズ」が受託する赤ちゃん連れで遊びに来られる場所の誕生だ。市民とともに創る、そんなすてきなしかけが動き出す。試行錯誤かもしれない、だからきっとおもしろい、そう思う。赤ちゃんが弾けるように笑う毎日は、おとなの自慢できる財産だ。がんばれ!ママパパ、そしてHUGのなかまたち!!(大塚恵美子)