新たな会派「変えよう!議会・東村山」を結成

2009年5月18日 23時35分 | カテゴリー: まちづくり

議会活動3年目を迎えました。2年間、議論を重ね、取組みを一緒にした会派「民主・生活者ネットワーク」をこの度、解消することになりました。
いつも励まされ、ご支援を戴いている市民の皆様の思いを十分に受け止め、今後も、よりよいまちづくりのために真摯に力を尽くしていきます。
更に民主的で開かれた議会への改革は、市民の最善の利益につながるものと確信し、思いを同じくする佐藤真和さん薄井政美さんとともに新たな会派「変えよう!議会・東村山」を本日結成し、緊張感と責任のある活動へと踏み出すことになりました。
ご注目戴き、誰もが心豊かに暮らせるまちづくりを、皆様と共に進めていきたいと思っています。これからも、どうぞ応援くださいますよう、お願いします。

「変えよう!議会・東村山」会派マニフェスト
 
私たちは、議会運営において、市民に対し、よりよい利益をもたらす開かれた民主的な運営をめざし、行政へのチェックと市民の立場に立った政策提案という本来の機能を強化するために、力を尽くし責任をもつために、会派「変えよう!議会・東村山」を結成する。
会派としての協力、協働の中で互いの自主性、自立性を最大限尊重し、目的達成のために協議を重ね行動し、新たなまちづくりへの発想を磨きあい高めあい、市民の立場に立った議会の活性化、議会改革を追求することとする。

●基本姿勢
・議会を開かれたものとするための改革に取り組む。
・環境、福祉、人権、平和、こどもに関わる政策を積極的に進め る。
・情報公開と市民参画を進める。
・それぞれが、自らの行動、発言に責任をもつ議員として活動し、政治的立場や見解の相違を尊重する。
・会派としての方向性の一致、認識の共有については、徹底した協議を重ねるが、最終的な判断、賛否の態度が分かれる場合は、それを尊重する。
・1年ごとに会派結成の評価を行い、継続の判断をする。

2009年5月18日
佐藤真和 (希望の空)  
薄井政美 (地元のチカラ)  
大塚恵美子(東村山・生活者ネットワーク)