原発はいらない 100万人アクション アルタ前に2万人

2011年6月13日 08時09分 | カテゴリー: 政治を変える

3.11から3ヶ月後、国内外、いろいろな所で、脱原発の「狼煙」があがった土曜日。
夕方6時からは新宿アルタ前にいった。既にパレードの人たちがいっぱい集合。装甲車と警官がぐるりと広場を取り囲む。「立ち止まらず解散してください」と再三再四繰り返す。
アルタ正面前に停めた一台の街宣車の上で、数々の賛同団体からのアピール、メッセージがつづく。福島から来たお母さんたちをはじめとするフクシマからのアピールは圧倒的だ。「脱原発の運動の人は福島に関心がない」といわれるが、そんなことはない。夏休みの疎開先を準備する人、20ミリシーベルト基準値の全面撤回を訴える人など、やりかたはひとつではないが、誰もフクシマを素通りしてなんかいない。決して忘れることはありません。
各地のパレードからの報告やグリーンピース事務局長のメッセージやパクポーなどミュージシャンのライブなど、次々にマイクが代わり、小さな広場をめざして、横断幕やメッセージカード、旗を手に手に人が集ってくる。
生活者ネットの小旗を掲げていると、「いたいた!」と仲間があちこちから人の波を泳ぐようにやってくる。市内の方も数人、小旗をみて、声をかけにきてくれた。
若い人の姿が目立つ、今、変えなきゃ、原発のない社会にしなきゃ、の思いは若い人たちに浸透している。同時多発、自然発生に近い今回の動き、ゆるやかなパレードが共感をよぶ。

チェルノブイリ事故のあと、高木仁三郎さんがご存命の頃、数年、日比谷公園で大きな集会があり、夫と子どもと参加した。銀座を通り、東京駅に向うデモは家族連れ、子ども連れも目立つうねりとなり「間に合うんだ、原発は止まるんだ」と思わせるものがあったが、メディアは全くといっていいほど取上げず、国策としての原発推進は加速していった。

今は違う、加害者にも被害者にもなってしまった私たちだ。エネルギー対策を怠ってきたツケが子どもたちに回っていく、外で遊べない、泥遊びもできない、選べる食べ物も少ない、水も安全でない、暮らしを失う、5年後、10年後が不安・・・日常の価値観が根底から変化してしまった。
今、ここから変えなきゃ、の思いがいたるところに広がる。イタリアでは原発国民投票の最中にある。
アルタの電光掲示版の真上に、大きく文字が映し出された。「政府への5つの要請文」だ。「今、稼動している原発を停止」「定期点検中の原発を再稼動させない」「新たな原発は増設しない」「子ども基準20ミリシーベルトの完全撤回」「原発から自然エネルギーへのシフト」。

今、動いている原発は54基中17基、夏には14基となる。ひとつひとつ実現させることで、原発のない社会は実現させることができる。それでも、冷却し続けなければならない使用済み核燃料、核廃棄物の最終処理など完全な出口までに道は遠い。でも、これ以上の汚染や被害をくい止めることはできる。日本から行なう責任がある。
「みんなで決めよう『原発』国民投票」の動きと、エネルギーシフトの展望をもち、市民の願いを広げていきたい。
大きなカメラを抱えたメディアのクルーも、一応、大勢きていた。TV朝日から取材を受けたが、いま左目がずっと充血していて涙がとまらず、それを指摘されたので「放射性物質の実害だと思う」とコメントしたので、放映されることはないだろうね。
メディアはきちんと受け止めなければならない、国は向き合わなければならない、国民と。内向きの椅子取りに終始するな。
ひとりひとりの手と思いで、夜明けは近い。(大塚恵美子)